FC2ブログ

「満洲の記憶」研究会とは?

 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写や関係者の紹介等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2

↑2020年4月に刊行しました!↑

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
一橋大学機関リポジトリ:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

第7号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00007.pdf
↑最新号の第7号が刊行されました!↑

お問い合わせ:
〒186-8601 東京都国立市中2-1 一橋大学社会学研究科 佐藤仁史研究室気付 「満洲の記憶」研究会

Facebook公開ページ:
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
スポンサーサイト



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

史資料送付・寄贈のお礼

 最近、Facebookなどを介して、多くの方々から満洲の史資料に関するご連絡をいただいております。さらに当研究会へ史資料をお送りいただいている方も多くいらっしゃいます。この場を借りまして、改めて御礼申し上げます。
 今後、当研究会ではご提供いただいた史資料について、個人情報などに十分配慮しながら活用方法について検討してまいります。また、何か史資料や情報などございましたら、当研究会へご連絡いただけると幸いです。今後とも私たち「満洲の記憶」研究会をよろしくお願い申し上げます。


20210121213424649.jpeg

117066887_1150839321983496_4249391683048952289_n.jpg

作成日:2021年2月28日    文責:研究会メンバー一同

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

『満洲の記憶』第7号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00007.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

【再告知】2020年度「満洲の記憶」研究会 秋季大会の案内

2020「満洲の記憶」研究会秋季大会案内
2020年度「満洲の記憶」研究会 秋季大会プログラム

【2020年度「満洲の記憶」研究会 秋季大会の案内】
 この度「満洲の記憶」研究会では、下記の通りに2020年度秋季大会をウェブ会議システム(zoom)にて開催いたします。本大会では、山本潤子氏を迎えて中国人遺骨送還運動について研究報告をしていただきます。また、近年「満洲の記憶」研究会が整理を進めている満洲引揚げ日記について、当該研究会の企画運営委員会から紹介する予定です。ご多忙中とは存じますが、お誘いあわせの上ご参加下さいますようお願い申し上げます。

日 時 :2021年3月24日(水)15:00~17:30
開催方法:ウェブ会議システム(zoom)
定 員:30名
参加方法:参加希望者は、以下のフォーム(お名前、ご所属、メールアドレスなど)でご回答ください。なお、参加者には会議開始前までに(3月22日頃の予定)メールにてzoomの招待状をお送りいたします。
参加申請フォーム:
https://docs.google.com/.../159jQId1l0CbVKS1NXwFY.../edit...
申請締切:3月17日(水) ※但し、定員が上限に達した時点で締め切ります。

プログラム:
第1報告 15:00~16:10 研究報告
山本 潤子(大阪大学大学院文学研究科博士後期課程)
「認罪」実践としての中国人遺骨送還運動――福島県「中国人殉難烈士慰霊碑」と「満洲国軍」日系軍官大槻市郎の経験を事例として
第2報告 16:20~17:30 史料紹介
佐藤 仁史、菅野 智博、湯川 真樹江、大石 茜、森 巧、甲賀 真広
満洲引揚げ日記の整理について(仮)

【お問い合わせ】菅野智博 qiyubin_tomohiro〔a〕yahoo.co.jp
※〔a〕は@に変更


論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

『満洲の記憶』第7号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00007.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

高知県における満洲引揚関係資料の寄贈

155108970_1905449976277818_2138047541052077365_n.jpg
今回お送りいただいた資料

 この度、高知戦争資料保存ネットワーク、満洲の歴史を語り継ぐ高知の会の事務局を務めている楠瀬慶太氏より、『高知県近現代資料集成Ⅰ-目録集-』、『第2回満洲の歴史を語り継ぐ集い記録集・2020年度活動報告集』など多数の資料を郵送にてご寄贈いただきました。
 高知県における満洲引揚者の状況については、これまで「満洲の記憶」研究会では調査の手が及ばなかった地域でした。このような地域に密着した団体の活動による作成資料は、高知県における引揚者の状況を知る上で大変参考になります。
 今回はお送りいただきまして、誠にありがとうございました。お送りいただいた資料を拝読し、勉強させていただきます。
 今後とも、様々な面で相互に交流ができますと幸いです。引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。


作成日:2021年2月27日       文責:大野絢也

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

『満洲の記憶』第7号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00007.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

オンラインでの論文集『戦後日本の満洲記憶』合評会

89920536_205484127361740_4074863115571822592_n.jpg

 2月19日金曜、野入直美先生を研究代表者とする「戦後沖縄社会の再建と『引揚げエリート』―台湾・満洲の『専門職引揚者』を中心に」の科研グループにおいて、『戦後日本の満洲記憶』(東方書店、2020年)の合評会を、ウェブ会議システム(zoom)にて開催していただきました。
 今回は名古屋大学准教授の坂部晶子先生から、『戦後日本の満洲記憶』の書評をしていただいた上で、参加されている方々からも様々なコメントをいただくことができました。
 以下、その内容となります。

日時:2月19日(金) 午前10:00~12:00
書評者:坂部晶子氏(名古屋大学)
報告題目:『戦後日本の満洲記憶』(佐藤量、菅野智博、湯川真樹江編、東方書店、2020年)を読んで
形式:参加人数を限定し、Zoomを用いたオンライン会議で討論のみ行う

 合評会では多くの方々から質問が挙がり、また議論も盛り上がるものとなりました。
 今回、書評をしていただきました坂部晶子氏、および野入科研の皆様には深く御礼申し上げます。また、お忙しいところ参加をいただきました皆様にも、改めて感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

89610249_2608071136134029_80325480858855936_n.jpg

作成日:2021年2月19日   文責:大野絢也

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

『満洲の記憶』第7号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00007.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
「満洲の記憶」研究会とは?

「満洲の記憶」研究会

Author:「満洲の記憶」研究会
 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR