fc2ブログ

「満洲の記憶」研究会とは?

 ※史料の複写や関係者の紹介等の依頼には応えかねます。また、個別の研究相談についてもお受けできません。これらの点に関するお問い合わせはご遠慮ください。

 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報をお待ちしています。
 本研究会における活動内容の詳細や、収集した史料に関する情報は、ニューズレターにて配信いたします。史料の複写や関係者の紹介等の依頼には応えかねます。また、個別の研究相談についてもお受けできません。これらの点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2

↑2020年4月に刊行しました!↑

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
一橋大学機関リポジトリ:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

第8号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00008.pdf
↑最新号の第8号が刊行されました!↑

お問い合わせ:
〒186-8601 東京都国立市中2-1 一橋大学社会学研究科 佐藤仁史研究室気付 「満洲の記憶」研究会

Facebook公開ページ:
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
スポンサーサイト



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

古川滋郎氏(大同学院出身者)訪問インタビュー②

202203261030452cc.jpeg
乗馬訓練

20220326103047ca2.jpeg
農村調査前の集合写真(新京神社にて)

日時:2022年3月10日(木)12:00-15:00、3月11日(金)12:00-14:30
場所:札幌グランドホテル(北海道札幌市)
訪問者:佐藤仁史、菅野智博

 今回は1月に引き続き、大同学院出身者である古川滋郎さん(北海道札幌市在住)の第2回目のインタビューを行いました。
  1月に実施した第1回目のインタビューでは、主に古川さんの生い立ちや満洲時代の経験が中心でした。今回はその後続編として、徴兵の経験や戦後の生活、同窓会活動についてお話をうかがいました。今回も大変興味深いお話を披露していただきました。加えて、様々な資料も拝見させていただきました。なかでも興味深ったのは、古川さんが大同学院時代に撮影された写真です。これらは当時つけられていた日誌とあわせて、大同学院の学生生活の一端が知りえるための極めて貴重なものです。
 古川さんには、2日間にわたってお付き合いいただいた上、大変貴重な史料をいくつかご貸与いただきましたことを心から御礼を申し上げます。
 今後はインタビューや関連史料の整理を行いながら、引き続きインタビューを行わせていただく予定です。何卒よろしくお願い申し上げます。


作成日:2022年3月26日       文責:菅野智博

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

第8号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00008.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

【再掲】2021年度「満洲の記憶」研究会 後期大会について

【2021年度「満洲の記憶」研究会 後期大会について】
2021年度「満洲の記憶」研究会後期大会ポスター

 「満洲の記憶」研究会は以下の通りに2021年度後期大会を開催する予定です。お誘いあわせの上、ふるってご参加いただけますようお願い申し上げます。こちらのページの共有やシェアも歓迎です。

―――――

 2021年度「満洲の記憶」研究会後期大会をウェブ会議システム(Zoom)にて下記の通りに開催いたします。今回は、本島和人氏を迎えてご報告いただきます。お誘いあわせの上、ふるってご参加いただけますようお願い申し上げます。

日 時 :2022年2月19日(土)15:00~17:30
開催方法:ウェブ会議システム(Zoom)
定 員:30名程度
参加方法:参加希望者は、以下のフォームよりご回答ください(お名前、ご所属、メールアドレスなど)。なお、参加者には2月13日頃にメールにてZoomミーティングの招待状をお送りいたします。
参加申請フォーム:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfhfp_CWjeZRLRSrLH-RzpJ1NvcQUSyLuykKlMDWFqXXbtJgg/viewform?fbclid=IwAR3N0NUnlD0Ad_WtBF9Z4Bp2ZOMLozPYzB4_DS2L11tbJvPXn5x7fEB579w

申請締切:2月12日(土) ※但し、定員が上限に達した時点で締め切ります。
プログラム:
第1部 15:00~16:00 研究報告
本島和人(飯田市歴史研究所調査研究員)
自著『満洲移民青少年義勇軍の研究:長野県下の国策遂行』(吉川弘文館、2021年)について
第2部 16:00~17:30 書評・質疑応答・リプライ
〔お問い合わせ〕research682@gmail.com


作成日:2022年1月11日       文責:湯川真樹江

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

第8号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00008.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

小樽港訪問

20220119212749186.jpeg
北海道の玄関の1つだった小樽駅

日時:2022年1月17日(月) 10:00-12:00
場所:小樽市総合博物館運河館(北海道小樽市)など
訪問者:大野絢也、菅野智博、佐藤仁史、佐藤量

 この度、北海道での古川滋郎氏のインタビューとあわせて、引揚港の1つであった小樽港を訪問し、その面影を探してみました。
 小樽港は北海道の玄関口や北前船の商港として重要な港町ですが、戦前日本における植民地であった樺太からの引揚港であったという側面もあります。
 今回は小樽商科大学附属図書館などの研究機関の訪問も検討していましたが、コロナ禍ということもあり小樽市総合博物館運河館など一般公開されている施設を中心に見学しました。
 また小樽中央市場は、満洲からの引揚者が集まって始めた市場という歴史も持っており、そちらも訪問させていただきました。
 今後また機会がありましたら、再訪したいと思います。


2022011921274628f.jpeg
運河館の展示は非常に充実していました

20220119215431e5b.jpeg
一列に並んだ小樽中央市場の建物

20220119212344c04.jpeg
訪問日は晴天に恵まれました

作成日:2022年1月18日       文責:大野絢也

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

第8号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00008.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

古川滋郎氏(大同学院出身者)訪問インタビュー

270791391_1774255916096311_4583339161328433855_n.jpg

270844424_1297220750758187_6577947159872917780_n.jpg
1月としては20年ぶりという寒波の中での訪問となりました

日時:2022年1月16日(日) 12:00-15:30
場所:札幌グランドホテル2階中華レストラン黄鶴(北海道札幌市)
訪問者:大野絢也、菅野智博、佐藤仁史、佐藤量

 この度、大同学院出身者である古川滋郎氏(北海道札幌市在住)を訪問し、満洲でのご経験を中心にお話をうかがわせていただきました。
 ご自身の生い立ちや満洲時代のご経験について、詳細かつ興味深いお話をご教示いただきました。
 また当時つけられていた日誌をはじめ、いくつかの大変貴重な史料をご貸与、提供いただきました。


20220119212908d75.jpeg
数多くの史料を拝見しながらのインタビューとなりました

 貴重な史料にあわせて、様々なお話を聞かせていただき、本当にありがとうございました。
 今後も引き続き、インタビューを行わせていただく予定です。何卒よろしくお願い申し上げます。


作成日:2022年1月17日       文責:大野絢也

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

第8号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00008.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
「満洲の記憶」研究会とは?

「満洲の記憶」研究会

Author:「満洲の記憶」研究会
 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、史料の複写や関係者の紹介等の依頼には応えかねます。また、個別の研究相談についてもお受けできません。これらの点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR