錦州会の総会・懇親会に参加

21618429_1313103315465797_925202060_o.jpg

日時:2017 年9月10日(日曜)11:00~15:30
場所:新橋亭新館
参加者:大野絢也

 本日、新橋の新橋亭新館にて「第42回錦州会総会・懇親会」が開催されました。
 錦州会の関係者のご厚意により、当研究会のメンバーも今回初めて参加させていただきました。

21585883_1313104082132387_1797615113_o.jpg

 会には40名以上の多くの方々が集まり、始まる前からとても盛り上がっている様子でした。
 総会では、会計報告などとあわせて小坂会長からご挨拶があり、大連会など他の都市の会が解散や活動縮小という状況にあるなかで、錦州会としては今後も活動を継続していく方針が示されました。
 懇親会では、終始にぎやかな雰囲気の中で行われ、多くの方から様々なお話をうかがうことができました。
 お話をうかがったなかで特に印象深かったのは、他の満洲の都市と比較して、錦州が特殊な地理的位置関係にあったことです。
 満洲のなかでも華北に近く、奉山線(現在の京哈線)沿線にあった錦州には、当時様々な日本人がいました。錦州会に参加している方々からうかがったお話により、そのことをより詳細に知ることができました。
 また、錦州会の方から以下の資料を当研究会にご寄贈いただきました。誠にありがとうございます。

・『錦州会報』35、37-41号(2011、2013-2017年発行)
・錦州タウンマップ(1939年当時の市街図をもとに、複数の錦州会関係者が作成)

21585788_1313103318799130_1579438138_o.jpg

 最後に、この度は錦州会へご招待いただき、錦州会の関係者の方々に対しまして深くお礼申し上げます。
 会員の皆様の今後のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


作成日:2017年9月10日       文責:大野絢也

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
スポンサーサイト

秦源治氏ご自宅訪問

21618403_1313105105465618_1616798306_o.jpg

日時:2017 年9月3日(日曜)14:30~19:00、4日(月曜)9:00~11:00
場所:秦源治氏ご自宅
参加者:大野絢也、佐藤仁史、林志宏

 今回、20世紀大連会議関係者の秦源治氏ご自宅へ「満洲の記憶」研究会のメンバー3名で訪問させていただきました。
 秦氏ご自宅への訪問は今回で8回目となります。
 今回の訪問は、まず昨年に秦氏のインタビュー訪問記録を台湾で発表させていただいたことへの御礼を改めて申し上げました。 また最近の研究会の近況についてご報告させていただきました。

21618464_1313105108798951_1625900436_o.jpg
 
 今回の訪問では、20世紀大連会議が結成されてから活動終了に至るまでの秦さんの会との関わり方を中心にお話をうかがいながら、当時の書簡のやり取りを拝見させていただきました。
 秦氏宅を訪問させていただく度に、新たな発見や知見を広めることができ、今回も大変勉強になりました。
 この度も私達をあたたかく迎えてくださり、誠にありがとうございます。
 秦氏およびご家族の皆様には、重ねて御礼申し上げます。


21616893_1313105102132285_907687657_o.jpg

作成日:2017年9月4日       文責:大野絢也

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

興安命日会 第73回忌「葛根廟事件遭難者慰霊法要」参加記

日程:2017年8月14日(月)
時間:11:00~13:30(一次会)13:30~14:30(二次会)
場所:目黒五百羅漢寺
参加者:湯川真樹江

 先日、興安命日会が主催する「葛根廟事件遭難者慰霊法要」に参加してきました。興安命日会は大島満吉さんをはじめとする葛根廟事件の受難者や中国帰国者によって主に構成される会です。毎年目黒五百羅漢にて葛根廟事件の慰霊法要を行っています。
葛根廟事件は1945年8月14日に発生した興安街(現在はウランホト市)から避難してきた日本人がソ連軍により虐殺された事件で葛根廟というお寺の近くで発生しました。その犠牲者数は千名以上にのぼると言われています。

 当日は小雨が降っていたため、本堂にてお経が上げられました。本堂には葛根廟事件を描いた油絵も掲げられていました。その後、食事が供され主催者や各参加者のスピーチがなされました。
 弊会編集委員の湯川もスピーチをさせていただき、「満洲の記憶」研究会の活動内容を中心に報告させていただきました。二次会では、ビデオ「葛根廟事件の証言」を鑑賞する時間がもたれました。慰霊碑である「興安友愛の碑」は昭和33年に建立され、中には二千余柱の遺骨や遺髪も収められているとのことです。参加者は各自碑の前で神妙に手を合わせていました。

IMG_7815.jpg

IMG_7810.jpg

 また大島さんより、大島満吉・大嶋宏生『流れ星のかなた コルチン平原を血に染めて』(平成29年、私家版)をいただきました。細かく当時の状況が記録されているので、ぜひ読んでみたいと思います。

IMG_7828.jpg


 大島さんにはこのように貴重な機会をいただきましたこと、感謝申し上げます。葛根廟事件受難の方々のご冥福をお祈り申し上げます。

作成日:2017年8月24日       文責:湯川真樹江

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

満洲鞍山での戦没者記念碑(愛知県清須市)訪問

18015978_1198896330219830_507196014_o.jpg

日程:2017年4月30日(日)
時間:10:00~10:30
場所:愛知県清須市
参加者:大野絢也

 先日、ゴールデンウイークの機会を利用して、愛知県清須市にある満洲鞍山での戦没者記念碑を訪問させていただきました。
 合併前の西春日井郡旧新川町の歴史をまとめた、『新川町史 資料編1——自然・文化財・民俗』(清須市新川町史編さん委員会、2006年)にも、この戦没者記念碑のことは記載されています。詳しく知りたい方は、そちらもご参照ください。
 この戦没者記念碑は、1938年(昭和13年)に建立されたもので、1935年(昭和10年)に満洲鞍山にて戦没された方を慰霊する碑です。
 すでに建立されてから80年近くもの時を経ていますが、今でもご遺族の方々が管理をされているようでした。


作成日:2017年4月30日       文責:大野絢也

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

第44回満蒙大陸林業人物故者慰霊祭(旧外林会)参加記

17949688_1180197565423040_230093578_o.jpg
当日は天候に恵まれました

日程:2017年4月17日(月)
時間:11:00~14:30(慰霊祭は11:00~12:30、懇親会は12:30~14:30)
場所:高尾山薬王院(東京都八王子市高尾町)
参加者:大野絢也、湯川真樹江(慰霊祭のみ)

 本日、「満蒙大陸林業人物故者慰霊祭」に参加するために高尾山にある薬王院を訪れました。主催は「高尾山外林講」で、かつて満洲などの外地で林業に就いていた方のご家族や関係する方々が中心となっています。
 会場の本堂まで行く途中、外林会の慰霊碑の方にも足を運び、お線香をあげさせていただきました。

18012947_1180197525423044_926150681_o.jpg

17976761_1180197548756375_489888087_o.jpg

 午前11時から始まる慰霊祭では、薬王院の本堂にてお経が唱えられ、その後に講元の峰さん、副講元の竹内さんが会員相互の交流や満洲の記憶を留めることの重要性を語ってくださいました。


17948304_1180197582089705_635317609_o.jpg
慰霊碑はケーブル山頂駅から薬王院までの途中にあります

 そして、懇親会では今年もみなさまの様々なお話をうかがうことができました。改めて感じるところとしましては、満洲における林業関係の方々は現地の中国人、朝鮮人との交流も深く、引揚げ後もさまざま文化を持ち帰っていたことや、やはり奥地まで入っていったこともあってソ連対日参戦後の逃避行は、開拓団の方々と同じような悲惨な状況にあったということです。今後、何人かの方にはインタビューを行い、ご経験を記録に残すことができればと考えております。
 また、今回の懇親会においては電子化したアルバムなどの史料の一部をみなさんにお見せすることができました。少しずつみなさんに恩返しができますと幸いに存じます。


18012615_1180197512089712_1348968347_o.jpg
懇親会の様子

18015603_1180197562089707_820370643_o.jpg
懇親会を終えて
 
 今回で、「満洲の記憶」研究会のメンバーによる慰霊祭への参加は、三回目となりましたが、みなさまの変わらぬご厚情誠に感謝申し上げます。
 今後ともお力添えをいただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。


作成日:2017年4月17日       文責:大野絢也、湯川真樹江

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
「満洲の記憶」研究会とは?

「満洲の記憶」研究会

Author:「満洲の記憶」研究会
 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR