FC2ブログ

満鉄留魂碑(静岡県御殿場市)への訪問

20200323184120ba4.jpeg
満鉄留魂碑への入り口

日程:2020年3月22日(日曜)14:00頃
場所:冨士霊園(静岡県御殿場市)
訪問者:大野絢也

 この度、冨士霊園の中に建立されている満鉄留魂碑を訪問させていただきました。
 2015年に最後の満鉄留魂祭が行われた際に、本研究会のメンバーがお伺いさせていただいた以来の訪問となります。
 満鉄会も解散となってから久しいですが、富士山を望むことのでき、桜も咲く中でお参りさせていただきました。


20200323184122484.jpeg
満鉄留魂碑

20200323184121fbb.jpeg
岸信介の記念植樹

20200323184124aa9.jpeg
最後の満鉄留魂祭後にも新たな碑が建てられていました

 満鉄会については、最近刊行された『戦後日本の満洲記憶』の中でも、主要な研究対象として取り上げました。
 国策会社であった満鉄の人々が戦前戦後を通して、どのような経過を経て現代まで至ったのかについては、まだ検討の余地が残されていると言えます。
 今後も満鉄会に関する研究活動は、ひろく展開していきたいと研究会では考えております。


作成日:2020年3月23日       文責:大野絢也

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
スポンサーサイト



松岡洋右別邸および松岡別邸陶磁器館(静岡県御殿場市)への訪問

20200323182925f3c.jpeg
松岡別邸陶磁器館への入り口

日時:2020年3月22日(日曜)11:45〜12:15
場所:松岡別邸陶磁器館(静岡県御殿場市)
訪問者:大野絢也

 今回、静岡県御殿場市にある松岡洋右別邸および松岡別邸陶磁器館を訪問させていただきました。
 この陶磁器館は、戦前において満鉄総裁や外務大臣を務めた松岡洋右の別邸敷地に、ご子息の方が建てられたお宅の一部を用いて開館したものです。
 ご子息の妻であった松岡陽子氏が迎えてくださり、お話を詳しく伺いながら展示を案内してくださいました。


2020032318292517a.jpeg
松岡洋右の満鉄関連史料

 館内には松岡洋右が中国などで収集した陶磁器・美術品などの貴重なコレクションや、松岡洋右の経歴が分かる貴重史料が展示されています。
 別邸本体の建物も現存していますが、こちらは現在非公開となっています。


20200323182927148.jpeg
茅葺屋根の松岡別邸

 また、隣接して岸信介の邸宅もあります。
 こちらは御殿場ミュージアムパークの主要な観光地として、保存公開されています。
 訪問当日も多くの観光客で賑わっていました。


2020032318292877e.jpeg
東山旧岸邸

20200323182930336.jpeg
岸邸の食堂

 この度は突然の訪問であったのにもかかわらず、陽子氏にはあたたかく迎えてくださり誠にありがとうございました。
 美味しいお茶やお菓子もいただきながら、貴重なお話をうかがうことができまして、改めて感謝申し上げます。いろいろと別邸や資料の経緯をお伺いすることができまして、大変勉強になりました。
 今後また再訪させていただきたいと存じます。


作成日:2020年3月22日       文責:大野絢也

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

満洲電業留魂碑(静岡県熱海市)を訪問

202003231721393e2.jpeg
十国峠から見る相模湾

日程:2020年3月21日(土曜)12:00頃
場所:熱海日金山霊園(静岡県熱海市十国峠)
訪問者:大野絢也

 十国峠にある満洲電業留魂碑を、5年ぶりに訪問させていただきました。天気は快晴に恵まれて、碑の裏側には富士山を望むこともできました。
 この碑は2002年10月に満洲電業会によって建立されたものです。電業会の幹事であった米山敏寅氏が伊豆箱根鉄道の役員であったことから、風光明媚な十国峠に建てられたと言われています。
 すでに電業会は解散となりましたが、現在でも永年供養の碑として太平洋を望む位置に立ち続けています。
 今後も本研究会では、満洲電業会に関する研究を進めていきたいと考えております。


20200323172141cf7.jpeg
満洲電業留魂碑

202003231721416b3.jpeg
碑から望む富士山

202003231721410bd.jpeg
満洲電業会建立

 今回も研究会編集委員のメンバーを代表して、お参りさせていただきました。

作成日:2020年3月21日       文責:大野絢也

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

古海さん宅訪問(インタビュー記録の確認)

日時:2020年1月18日14:30〜15:15
場所:古海さんご自宅
参加者:大野絢也

 今回、ニューズレターに掲載予定のインタビュー記録について、内容の確認のため古海さんのご自宅を訪問させていただきました。
 以前より複数回にわたって行っていた古海さんへのインタビューですが、内容は非常に充実したものとなり、今後ニューズレターの発行に向けて編集作業を進めさせていただく予定です。
 ニューズレター6号につきましてもご期待ください。
 お伺させていただいた際には美味しいお茶やお菓子までご馳走になってしまい、誠にありがとうございました。


20200121222153ab5.jpeg
国立市は初雪となりました

作成日:2020年1月19日       文責:大野絢也

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
om/groups/359559330877470/" target="_blank" title="https://www.facebook.com/groups/359559330877470/">https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

門田さん宅2回目の訪問

20200121221448b45.jpeg
訪問を終えると雨は止み、綺麗に晴れあがっていました

日時:2020年1月15日(水)13:00〜15:30
場所:門田さん宅(東京都内)
参加者:大野絢也、甲賀真広

 本日、満洲からの引揚経験者である門田春子さんのお宅を再訪し、再び様々なお話をお伺いいたしました。今回訪問の経緯は、前回に引き続いて門田さんがお持ちの資料についてお話を伺い、また門田さん自身のご経験についてもお話をお聞きしたいと思い、訪問させていただきました。

 今回の訪問では、ご家族の写真を中心に拝見させていただきました。本当に多くの家族写真を残されていて、当時の民間人がどのように生活しながら、海外での生活を送っていたのか改めて知ることができました。

 お話を伺う際には美味しいお茶やお菓子までご用意いただき、誠にありがとうございました。いつも温かく迎えてくださって、大変恐縮です。今後もお話をお伺いしながら資料を拝見したいと考えております。


作成日:2020年1月16日       文責:大野絢也

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
「満洲の記憶」研究会とは?

「満洲の記憶」研究会

Author:「満洲の記憶」研究会
 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR