FC2ブログ

「満洲の記憶」研究会とは?

 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写や関係者の紹介等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2

↑2020年4月に刊行しました!↑

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
一橋大学機関リポジトリ:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

第7号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00007.pdf
↑最新号の第7号が刊行されました!↑

お問い合わせ:
〒186-8601 東京都国立市中2-1 一橋大学社会学研究科 佐藤仁史研究室気付 「満洲の記憶」研究会

Facebook公開ページ:
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
スポンサーサイト



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

坂部晶子氏による書評の掲載

157443640_1219360075133394_1902286366286568541_n.jpg

159620691_280574560171137_8503260842961388994_n.jpg

 この度、坂部晶子氏(名古屋大学)に、昨年「満洲の記憶」研究会で刊行した論文集『戦後日本の満洲記憶』を書評していただきました。
 当書評は、『近現代東北アジア地域史研究会News letter』第32号に「「満洲」の記憶と戦後日本社会、終わらない近代の帰結について : 佐藤量、菅野智博、湯川真樹江編『戦後日本の満洲記憶』(東方書店、2020年)を読む」というタイトルで、掲載されています。

89610249_2608071136134029_80325480858855936_n.jpg

 ご興味のある方は、『近現代東北アジア地域史研究会News letter』第32号をご参照ください。
 坂部晶子氏には、この度ご書評いただきまして、誠にありがとうございました。 ご批評いただいた面をもとに、今後さらに研究を展開してまいりたいと思います。 
 そして、これを励みに幅広い視野から「満洲の記憶」に関する研究活動を引き続き行っていく所存です。
 
 以下、論文集の詳細も改めてご紹介させていただきます。


◆書誌情報
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


◆目次
*序 章 〔佐藤量〕
第Ⅰ部 闘う記憶……戦後日本政府が満洲を忘却していくことを示す事例として恩給問題を取り上げる
*戦後日本における国策会社満鉄の表象とその変遷―一九五〇~六〇年代の恩給請願運動を事例に〔大野絢也〕
*満洲興農合作社同人会の活動からみる戦前の表象と語りの特徴―恩給請願運動に着目して〔湯川真樹江〕
*満洲国軍出身日本人の恩給請願運動と満洲国・満洲国軍像〔飯倉江里衣〕
第Ⅱ部 葛藤する記憶……引揚者団体内部での葛藤を経ながら自分たちの歴史を編んでいく姿を描く
*語られる「安東史」― 一九五〇~一九七〇年代初期における『ありなれ』を中心に〔菅野智博〕
*ふるさとの語り方―大連引揚者二世の編纂物にみる満洲の記憶〔佐藤仁史〕
*青少年義勇軍の記憶―会報を通した継承と変容〔大石茜〕
*[コラム]間島中学校出身日本人の訪中と訪韓〔尹国花〕
*[コラム]満蒙開拓団「集団自決」の語りと〈沈黙〉―久保田諫さんとの出会い〔本島和人〕
第Ⅲ部 周縁の記憶……ジェンダーとエスニシティの視座に着目する
*女学生の満洲記憶―大連弥生高等女学校同窓会誌『弥生会々報』の分析から〔佐藤量〕
*冷戦体制下における大同学院同窓会―日本と台湾の場合〔林志宏〕
*戦後日本社会における中国帰国者をめぐる記憶とその変容―中国帰国者の会と鈴木則子を中心に〔森巧〕
*[コラム]ある自分史にみる満洲の記憶と地域史研究の可能性〔安岡健一〕
*[コラム]ある牧師の国際移動と教会ネットワーク―アメリカ・満洲・日本〔甲賀真広〕
*[コラム]メディア関係者がみた満洲〔安藤恭子〕

◆「序章」より
 本書では、満洲引揚者の戦後経験と記憶表象に注目し、引揚者の歴史を戦後日本社会の中に位置づけ直すことを試みる。注目するのは、満洲経験者が書き残し続けた会報である。(略)会報を通して、戦後の長い時間をかけて書き手の世代交代も経ながら蓄積されてきた満洲経験者の語りの変遷を知ることができ、集団それぞれの物語や記憶が構築されていく過程を読み取ることが可能になると考える。(略)戦後日本における満洲の記憶のあり方を問うということは、戦後日本がいかに加害の歴史や植民地経験を忘却してきたかを問い直すことであり、帝国の崩壊に伴う社会再編のあり方を再考することである。これは今日にも連綿と続く「国民」と「他者」をめぐる包摂/排除に関する現代的問いであるともいえるだろう。

◆論文集に関するお問い合わせ先
東方書店 【中国・本の情報館】https://www.toho-shoten.co.jp
東京店舗 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3 ☎ 03-3294-1001/FAX03-3294-1003/shop@toho-shoten.co.jp
通信販売 〒175-0082 東京都板橋区高島平1-10-2  ☎ 03-3937-0300/FAX03-3937-0955/tokyo@toho-shoten.co.jp
関西支社 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町2-6-1   ☎ 06-6337-4760/FAX06-6337-4762/kansai@toho-shoten.co.jp


89920536_205484127361740_4074863115571822592_n.jpg

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

大澤武彦氏による書評の掲載

144009366_3670103053027446_4037861870452499640_o.jpg

 この度、大沢武彦氏(国立公文書館)に、昨年「満洲の記憶」研究会で刊行した論文集『戦後日本の満洲記憶』を書評していただきました。
 当書評は、『中国研究月報』2021年1月号に掲載されています。

89610249_2608071136134029_80325480858855936_n.jpg

 昨年夏、中国現代史研究会の例会で行った書評会での内容がまとめられています。 ご興味のある方は、『中国研究月報』2021年1月号をご参照ください。
 大沢武彦氏には、この度ご書評いただきまして、誠にありがとうございました。 ご指摘いただいた点を参考にした上で、今後さらに研究を進めてまいりたいと思います。 これを励みに、幅広い視野から「満洲の記憶」に関する研究活動を展開していく所存です。
 
 以下、論文集の詳細も改めてご紹介させていただきます。


◆書誌情報
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


◆目次
*序 章 〔佐藤量〕
第Ⅰ部 闘う記憶……戦後日本政府が満洲を忘却していくことを示す事例として恩給問題を取り上げる
*戦後日本における国策会社満鉄の表象とその変遷―一九五〇~六〇年代の恩給請願運動を事例に〔大野絢也〕
*満洲興農合作社同人会の活動からみる戦前の表象と語りの特徴―恩給請願運動に着目して〔湯川真樹江〕
*満洲国軍出身日本人の恩給請願運動と満洲国・満洲国軍像〔飯倉江里衣〕
第Ⅱ部 葛藤する記憶……引揚者団体内部での葛藤を経ながら自分たちの歴史を編んでいく姿を描く
*語られる「安東史」― 一九五〇~一九七〇年代初期における『ありなれ』を中心に〔菅野智博〕
*ふるさとの語り方―大連引揚者二世の編纂物にみる満洲の記憶〔佐藤仁史〕
*青少年義勇軍の記憶―会報を通した継承と変容〔大石茜〕
*[コラム]間島中学校出身日本人の訪中と訪韓〔尹国花〕
*[コラム]満蒙開拓団「集団自決」の語りと〈沈黙〉―久保田諫さんとの出会い〔本島和人〕
第Ⅲ部 周縁の記憶……ジェンダーとエスニシティの視座に着目する
*女学生の満洲記憶―大連弥生高等女学校同窓会誌『弥生会々報』の分析から〔佐藤量〕
*冷戦体制下における大同学院同窓会―日本と台湾の場合〔林志宏〕
*戦後日本社会における中国帰国者をめぐる記憶とその変容―中国帰国者の会と鈴木則子を中心に〔森巧〕
*[コラム]ある自分史にみる満洲の記憶と地域史研究の可能性〔安岡健一〕
*[コラム]ある牧師の国際移動と教会ネットワーク―アメリカ・満洲・日本〔甲賀真広〕
*[コラム]メディア関係者がみた満洲〔安藤恭子〕

◆「序章」より
 本書では、満洲引揚者の戦後経験と記憶表象に注目し、引揚者の歴史を戦後日本社会の中に位置づけ直すことを試みる。注目するのは、満洲経験者が書き残し続けた会報である。(略)会報を通して、戦後の長い時間をかけて書き手の世代交代も経ながら蓄積されてきた満洲経験者の語りの変遷を知ることができ、集団それぞれの物語や記憶が構築されていく過程を読み取ることが可能になると考える。(略)戦後日本における満洲の記憶のあり方を問うということは、戦後日本がいかに加害の歴史や植民地経験を忘却してきたかを問い直すことであり、帝国の崩壊に伴う社会再編のあり方を再考することである。これは今日にも連綿と続く「国民」と「他者」をめぐる包摂/排除に関する現代的問いであるともいえるだろう。

◆論文集に関するお問い合わせ先
東方書店 【中国・本の情報館】https://www.toho-shoten.co.jp
東京店舗 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3 ☎ 03-3294-1001/FAX03-3294-1003/shop@toho-shoten.co.jp
通信販売 〒175-0082 東京都板橋区高島平1-10-2  ☎ 03-3937-0300/FAX03-3937-0955/tokyo@toho-shoten.co.jp
関西支社 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町2-6-1   ☎ 06-6337-4760/FAX06-6337-4762/kansai@toho-shoten.co.jp


89920536_205484127361740_4074863115571822592_n.jpg

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

【再告知】近現代東北アジア地域史研究会でのシンポジウムのご紹介

 今年度の近現代東北アジア地域史研究会の大会では、満洲国軍研究に関するシンポジウムが行われます。
 こちらのホームページでも、シンポジウムの情報をシェアさせて頂きます。
 以下、その詳細となっておりますので、ご興味のある方はご参照ください。

《シンポジウムタイトル》
「満洲国軍研究の現状と到達点~諸民族の視点からみた満洲国軍の実態~」
《日時》
2020年12月5日(土) 10:30~17:30
(うち、シンポジウムは13:20からです)
《詳細&申し込み》
http://northeastasia.information.jp/symposium.html
《プログラム》
報告者:
飯倉江里衣氏(神戸女子大学)「趣旨説明」
及川琢英氏(北海道大学)「満洲国軍の創設・発展・崩壊」
張聖東氏(明治大学)「満洲国軍内の中国人と日本人:その入隊から戦後まで」
飯倉江里衣氏(神戸女子大学)「満洲国軍内の朝鮮人:その入隊から植民地解放後まで」
コメンテーター:
田中剛氏(帝京大学)
大沢武彦氏(国立公文書館)
司会:
澁谷由里氏(帝京大学)
《シンポジウム趣旨》
近年、日本では田中隆一、及川琢英、飯倉江里衣、松野誠也、張聖東など日本史・朝鮮史研究者による満洲国軍研究が活発である。これらの研究は、満洲国軍の組織・制度の実態や個々の軍事作戦、構成員である中国人(漢人・満洲族)・モンゴル人・日本人・朝鮮人の経験および「満洲国」崩壊前後の状況などをある程度明らかにした。しかし、各諸民族の軍への入隊制度・過程、経験などを総体として捉える視点は乏しい。また、中国東北地域史や「満洲国」研究、モンゴル近現代史、朝鮮近現代史などとの接続・関係性についても議論が不十分である。
以上を踏まえ、本企画では、各諸民族の視点から満洲国軍の実態を比較史的に捉え、より広い文脈で満洲国軍を位置づけることを目的とし、主に次の二点を明らかにする。第一に、満洲国軍の創設背景、関東軍との関係、組織構成といった全体像である。第二に、満洲国軍の中国人・モンゴル人・日本人・朝鮮人それぞれについて、①将校・兵士はいかにして満洲国軍へ入隊したのか(制度)、②将校・兵士の具体的経験(入隊背景、軍内での経験、「満洲国」崩壊後の状況)はどうであったのかという点である。
比較史的に満洲国軍を各諸民族の視点から捉えて議論することで、改めて今日の満洲国軍研究の到達点と今後の課題が浮き彫りになると思われる。本企画は満洲国軍をテーマとした学会企画としては史上初の試みになるため、本企画を満洲国軍研究者と他分野の研究者との議論を始めるきっかけとしたい。


論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

一橋いしぶみの会主催の講演会(オンライン)のご紹介【再告知】

2020一橋祭

 昨年、一橋祭での講演会で「満洲の記憶」研究会と共催させていただいた一橋いしぶみの会の方から、以下の一橋祭企画についてご紹介がありました。
 コロナ禍の状況が続いているということもあり、今年の一橋祭はオンラインでの開催となっています。
 こちらのホームページでも、講演情報をシェアさせて頂きます。

https://ikkyosai.com/visitor/51/event/3107

https://twitter.com/ikkyosai/status/1324637654336458752

 ご興味のある方は上記のリンクをご参照ください。
 11月21日~23日の間、YouTubeでの録画配信でオンライン講演会を行っているそうです。


論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
「満洲の記憶」研究会とは?

「満洲の記憶」研究会

Author:「満洲の記憶」研究会
 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR