中国残留邦人(鈴木氏)インタビュー③

日程:2014年6月24日(火)13:00~15:00
場所:三鷹・鈴木氏宅
参加者:尹、菅野

 本日の午前中は雲もなく、いい天気でした。
 そんな中、研究会のメンバーが三鷹在住中国残留婦人の鈴木氏の第3回目のインタビューを行ってきました。前回のインタビューでは、鈴木氏の渡満前日本での生活や渡満経緯、満洲での体験を中心に伺いました。鈴木氏は17歳の時に満洲に渡ったということもあり、当時の体験を細かく覚えていたため、本日は前回のインタビューよりもさらに具体的にお話していただきました。前回以上に具体的な体験を伺えたので、大変勉強になりました。テーマは主に以下の3点です。

・渡満前の日本での生活
・渡満経緯と開拓団での生活
・避難生活

 インタビュー中に突然の雷雨が降り、東京三鷹の一部では雹も数センチ積もっていたようです。インタビュー終わった頃には雨も一時的にやみ、研究会メンバーも運よく雨にぬれることもなく、三鷹を離れることができました。
 次回のインタビューでは中国人家庭に入る頃からの体験について詳しくお話を聞く予定です。最後にこの場をお借りして、本日も私たちの訪問を暖かく迎えてくださり、さらに美味しいさくらんぼを用意してくださった鈴木氏にお礼を申し上げたいです。今後ともよろしくお願い申し上げます。


作成日:2014年6月24日         文責:菅野 智博

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470
スポンサーサイト

20世紀大連会議関係者の訪問およびインタビュー

20140620.jpg
 拝見させていただいた20世紀大連会議関連資料の一部

日時:6月19日(木)
場所:三重県鈴鹿市
参加:佐藤(仁)、大野

 夏至も近づき日もだいぶ長くなってきたなかで、本日は三重県在住の20世紀大連会議に関係した方へ訪問およびインタビューを行いました。今年の1月に初めて訪問して以来、2回目の訪問となります。
 今回訪問では、対象者のライフヒストリーを中心にうかがうことを目的として伺いました。そして以前うかがった時よりも詳細かつ丁寧にお話いただいたので、次回以降も続けてインタビューをお願いしております。また、今回訪問も多くの貴重な所蔵資料を拝見させていただき、戦前の大連における状況をより一層知ることができました。
 また訪問させていただいた後、近くの食事処へ移り歓談を交えながらお食事をご一緒させていただきました。急な訪問のお願いにもかかわらず、私たちの訪問を親切に迎えてくださり、その上丁寧にお話をお聞かせいただき、まことに感謝申し上げます。
 今後とも訪問を重ね、大連に関する経験談と20世紀大連会議の経過について、お話をうかがっていく予定です。


作成日2014年6月19日  文責:大野 絢也

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470

平成26年度日本長春会総会・懇親会へ参加して

20140615.jpg
  平成26年度の日本長春会総会・懇親会の様子

日時:2014年6月15日(日) 12:00~14:30
場所:新宿ワシントンホテル 本館 宴広場
参加者:菅野・大野・佐藤量

 今回、新宿ワシントンホテルにて開催された「平成26年度日本長春会総会・懇親会」に参加してきました。
 総会は、3部構成で進められました。「第1部 総会」では、開会のあいさつ、物故者への黙とう、議案報告がなされました。「第2部 新入会員・初参加者紹介」では、はじめての参加者が壇上にあがり数分間スピーチを行いました。今回が初参加であった大野・佐藤も壇上にあがり、「満洲の記憶」研究会の宣伝と各自の研究テーマについて挨拶させていただきました。「第3部 懇親パーティー」は、来賓紹介および磯部荀子会長のあいさつのあと、食事をしながらの歓談の時間となりました。
 懇親会では、長春会メンバーの方々をはじめ、国際善隣協会会長・矢野一彌さん、常務理事・岡部滋さん、奉天会事務局・澤田武彦さんなどの方々と情報交換をすることができ、満鉄会の天野博之さんとは一橋祭に向けての打ち合わせをすることができました。
 また、TBSドラマ制作局の若い制作者の方々も参加されており、8月下旬に放送予定の満洲開拓者ドラマを制作されているということで、情報収集をされていました。私たちの活動にも興味を持たれたようで、今後何かの機会に協力し合えたらと思います。
 昨年、遺憾ながら大連会も活動を停止し、満洲関係者が集まる場所がどんどん少なくなっていく中で、活動を継続してる長春会の役割は大きく、貴重な場であることを実感しました。そして長春会の運営の背景には、磯部会長のご尽力と強いリーダーシップがあることも重要な要素であろうと思います。今回の総会に参加させていただくにあたり、磯部会長をはじめ長春会執行部の方々には、いろいろとお気づかいいただきたいへん感謝しております。どうもありがとうございました。

作成日:2014年6月16日     文責:佐藤 量

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470

第8回定例会の開催

10418177_551582534951216_4963273208066683383_n.jpg
  快晴に恵まれた一橋大学国立キャンパス

日時 2014年6月14日 14:00~
場所 一橋大学

 まもなく活動開始から一周年を迎えようとする「満洲の記憶」研究会は、今週末に第8回目の定例会を開催することができました。当日は梅雨の中休みと言えるような快晴に恵まれ、午後いっぱいの時間を使用し今後の方針や活動計画について議論を重ねました。以下、今回の定例会で話し合った内容の概略です。

・前回の議事録確認
・活動報告(2014年3月中旬~6月初旬)
・現在課題となっている各作業について
・今後の予定と目標、見通し
・次回の日程

 第7回定例会の議事録を確認した後、各メンバーによる活動の近況報告を行いました。その時期にあたる主な活動としては、満鉄会訪問、満洲電業会・龍井会関係者インタビュー、蘭星会慰霊祭参加、中国残留孤児関係者訪問などがありました。そして収集・借用した史料や最新の情報、インタビューでうかがったお話などそれぞれの点を研究会メンバーで共有し合いました。
 また次回以降の検討議題として、現在進行中の作業の今後の展開について、また当研究会の方針など各課題を検討し議論を交わしました。


作成日:2014年6月15日   文責:大野 絢也

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470

満鉄会訪問

満鉄会訪問

 連日の熱暑がまだ残る中、今日から関東地方も梅雨に入り、これでようやく暑さ少し落ち着きます。
 4月の満鉄会訪問に続いて、昨日の夕方に再び満鉄会を訪問し、先日お見せして頂いた貴重な史料の続きを拝見させていただきました。毎回ながら満鉄会が所蔵する史料の多さに感銘を受けました。
 訪問後、満鉄会の天野さんのご厚意により満鉄情報センター近辺の中華料理店にてお食事を招待してくださいました。食事中に天野さんご自身の体験、そして父親の経歴など貴重なお話を多く伺うことができ、大変よい勉強になりました。美味しい食事と共に楽しいひと時を過ごすことができました。
 今回もいつものように私たちを暖かく迎えてくださり、美味しい食事をご馳走してくださいました天野さんにこの場をお借りしてお礼を申し上げます。


作成日2014年6月5日  文責:菅野 智博

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470

古海氏訪問

古海氏訪問

日時:2014年6月4日(水)13:30~16:00
場所:国立市・古海氏宅
参加者:尹、菅野

 昨日、研究会のメンバーで国際善隣協会前会長の古海氏を訪問し、挨拶をした後、古海氏から貴重なお話を伺ってきました。
 古海氏とは、昨年の長春会総会とお会いし、御自宅が国立であることもあり、ぜひ遊びに来てほしいというお誘いを頂きました。そして、先日、お話を伺いたく、依頼の電話をしたところ快く承諾してくださいました。
 今回は、主に古海氏から幼少期満洲での思い出、父親の経歴、戦後引き揚げまでの経験、日本帰国後の生活及び仕事などについて概略的にお話を伺うことができました。古海氏が満洲でなされた体験はもちろん、仕事していた頃に中国側とのやりとりも非常に貴重なお話であり、大変興味深かったです。
 今回の訪問は挨拶と古海氏の概歴を伺うのみでしたが、次回以降にもう少し詳細な経験を数回にわたり伺っていければと思います。
 最後になりましたが、私たちの訪問を快く受け入れてくださり、暖かく迎えてくださった古海氏に心より深く御礼を申し上げます。


作成日2014年6月5日  文責:菅野 智博

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470

「満洲国研究と史料」ワークショップの開催

 以下の日程で当研究会と科研費基盤研究B「近現代太湖流域農山漁村における自然資源管理に関する現地調査」研究班の共催でワークショップを開催致します。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

「満洲国研究と史料」ワークショップ
(“満洲国研究与史料”工作坊)

主催:「満洲の記憶」研究会
共催:科研費基盤研究B「近現代太湖流域農山漁村における自然資源管理に関する現地調査」研究班
日時:2014年7月5日10時~12時
会場:慶應義塾大学三田キャンパス452教室
言語:日本語、中国語(一部通訳あり)

【プログラム】
林志宏(中央研究院) 満洲国時期的編纂地方志事業及調查工作
松重充浩(日本大学)日本における満洲国期史・資料研究の現状と課題

コメンテータ:塚瀬進(長野大学)
司会:佐藤仁史(一橋大学)
通訳:菅野智博(一橋大学大学院生)
「満洲の記憶」研究会とは?

「満洲の記憶」研究会

Author:「満洲の記憶」研究会
 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR