FC2ブログ

牡丹江鉄道工場関係者訪問

日時:2014年7月23日(水)14:30~17:00
場所:鈴木氏御自宅
参加者:尹、菅野

 梅雨あけを思わせる暑い日が続いておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。大学の前期の日程もまもなく終わりを迎えるが、当研究会のメンバーも研究や研究会の活動を続けています。
 そんな中、当研究会のメンバーは本日戦前中国東北の牡丹江で生活されていた鈴木氏を訪問し、その経歴を伺った上、所蔵してある貴重な資料を拝見させていただきました。鈴木さんとは、先日の満鉄懇親会で初めてお会いし、時間の関係で会合の場で具体的なお話を伺うことができませんでした。研究会メンバーの依頼、そして鈴木氏のご好意により本日の訪問が実現することができました。
 鈴木氏は戦時中満鉄牡丹江鉄道工場で勤務していたという貴重な経験の持ち主です。その後、戦争の関係でハイラルに徴兵され、戦後のシベリア抑留を経て日本に帰国しました。本日は時間の関係上、鈴木氏のこれまでの簡単な経歴を伺うにとどまり、主な内容は以下の通りです。

・渡満経緯
・牡丹江鉄道工場での体験
・徴兵及び抑留
・牡丹江鉄道工場会の活動

 お話を伺う中で鈴木氏ご自身お持ちの貴重な史料・写真、さらに10数年前に会で中国(牡丹江を中心)を訪問した際のビデオも拝見させていただきました。本当に貴重なモノばかりで、大変感銘しました。
 また、鈴木さんのご厚意により、他の牡丹江関係者を2名ほど紹介してくださりました。これからは当研究会の活動にとって極めて重要な情報であり、満洲の地域性や多面性をとらえる上で重要なヒントでもあります。私たちの活動に便宜をはかってくださった鈴木さんに感謝致します。
 先週の金曜日に初めてお会いしたにも関わらず、私たちの突然の訪問を暖かく迎えてくださり、さらに貴重な体験談を語ってくださった鈴木さん、そして私たちにお茶やケーキを用意してくださった鈴木さんの娘さん、私たちを最寄り駅まで送迎してくださった「お孫さん」に心から深く御礼を申し上げます。そして、鈴木さん御一家の今後のご健康とお幸せを願います。


作成日:2014年7月23日         文責:菅野 智博

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470
スポンサーサイト



「満洲の記憶」研究会とは?

「満洲の記憶」研究会

Author:「満洲の記憶」研究会
 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR