FC2ブログ

興安命日会 第73回忌「葛根廟事件遭難者慰霊法要」参加記

日程:2017年8月14日(月)
時間:11:00~13:30(一次会)13:30~14:30(二次会)
場所:目黒五百羅漢寺
参加者:湯川真樹江

 先日、興安命日会が主催する「葛根廟事件遭難者慰霊法要」に参加してきました。興安命日会は大島満吉さんをはじめとする葛根廟事件の受難者や中国帰国者によって主に構成される会です。毎年目黒五百羅漢にて葛根廟事件の慰霊法要を行っています。
葛根廟事件は1945年8月14日に発生した興安街(現在はウランホト市)から避難してきた日本人がソ連軍により虐殺された事件で葛根廟というお寺の近くで発生しました。その犠牲者数は千名以上にのぼると言われています。

 当日は小雨が降っていたため、本堂にてお経が上げられました。本堂には葛根廟事件を描いた油絵も掲げられていました。その後、食事が供され主催者や各参加者のスピーチがなされました。
 弊会編集委員の湯川もスピーチをさせていただき、「満洲の記憶」研究会の活動内容を中心に報告させていただきました。二次会では、ビデオ「葛根廟事件の証言」を鑑賞する時間がもたれました。慰霊碑である「興安友愛の碑」は昭和33年に建立され、中には二千余柱の遺骨や遺髪も収められているとのことです。参加者は各自碑の前で神妙に手を合わせていました。

IMG_7815.jpg

IMG_7810.jpg

 また大島さんより、大島満吉・大嶋宏生『流れ星のかなた コルチン平原を血に染めて』(平成29年、私家版)をいただきました。細かく当時の状況が記録されているので、ぜひ読んでみたいと思います。

IMG_7828.jpg


 大島さんにはこのように貴重な機会をいただきましたこと、感謝申し上げます。葛根廟事件受難の方々のご冥福をお祈り申し上げます。

作成日:2017年8月24日       文責:湯川真樹江

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
スポンサーサイト
「満洲の記憶」研究会とは?

「満洲の記憶」研究会

Author:「満洲の記憶」研究会
 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR