FC2ブログ

公主嶺会懇親会

20171028011625443.jpg


日時:2017年10月27日(金) 18:00〜21:00
場所:上野ターミナルホテル 日本料理 水車本店
参加者:大石茜、湯川真樹江

本日、上野にて公主嶺会懇親会が開催され、出席させていただきました。
参加者は40名。昭和元年生まれの方から、昭和20年7月生まれの方(生後およそ100日で引揚げ)まで、様々なかたちで公主嶺にルーツをもつ方々の集いでした。

歴史の長い公主嶺会ですが、永井さまのブログ「満洲っ子平和をうたう」や、今年8月に永井さまが東京新聞で紹介されたことをきっかけに公主嶺会を知り、はじめて出席された方もいらっしゃいました。

会場である上野ターミナルホテルは、創設者の故 井本稔さまが公主嶺ゆかりの方です。皆さま井本さまを偲ばれながら、思い出話に花を咲かせていました。

公主嶺での経験を丁寧にご説明いただいたり、ご著書や資料をいただいたり、また、今後お写真を提供してくださると声をかけてくださったりと、たくさんの方にご協力いただきました。皆さまのご厚意に改めて感謝申し上げます。


作成日:2017年10月27日       文責:大石茜

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
スポンサーサイト



土屋光弘さん第3回インタビュー

22690469_1711935735588740_608853471_o.jpg

日時:2017 年10月17日(火曜)18:00~21:00
場所:巣鴨
参加者:菅野智博、森巧、湯川真樹江、林志宏

 10月17日、前回に引き続き中国残留孤児として戦後中国東北部に残留した土屋光弘さんへの第3回目のインタビューを実施しました。前回同様に巣鴨にて聞き取りを行い、主に1950年代後半の大躍進政策時期から文化大革命の時期までの体験をうかがいました。この間に土屋さんは何度も「分配」(政府による仕事の割り当て)され直していたそうです。そして鉄鉱山や糧食局などで様々なお仕事をなさったため、我々にそれぞれの職場で遭遇した豊富な体験をお聞かせくださいました。今回も我々のためにお時間を作っていただいた土屋さんに改めて御礼申し上げます。


作成日:2017年10月18日       文責:森巧

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

スキャン作業2日目

22550731_1342857975823664_1855181686_o.jpg

22546914_1342857969156998_32104089_o.jpg

日時:2017年10月15日(日曜)10:00~14:00
場所:一橋大学
参加者:大野絢也、菅野智博、飯倉江里衣、大石茜、森巧、湯川真樹江

先日に引き続き、本日も高橋先生からお借りした史資料を整理しました。
会報『レポート・アルロンシャン』(全189号)のほかに、『いくさ、あらすな』(全12号)、『二龍山会会報・絆』(全26号)、『二龍山会便り』(全50号)をスキャンしました。
二龍山会と深田信四郎氏がこのように多くの会報を刊行し、人々のネットワークの中心いたこと、そして何よりも彼らが刊行に対する熱意を抱いていたために、ここまで継続することができたのだと感じることができました。
昨年に高橋先生からご説明いただいていたため、新潟県の開拓団についても理解を深めることができました。さらにはこのように貴重な史資料をお貸しくださいましたことに心より感謝申し上げます。


作成日:2017年10月15日       文責:湯川真樹江

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

史料のスキャン作業

20171015063543d08.jpg

22551700_1342855682490560_1709080330_n.jpg

日時:2017 年10月14日(土曜)13:30~18:00
場所:一橋大学
参加者:大野絢也、菅野智博、瀬尾光平、森巧、湯川真樹江

 紅葉の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか。本日「満洲の記憶」研究会では、お預かりしている史資料のスキャン作業を開催しました。
今回は、高橋様からお借りしている二龍山開拓団関係者による会報『レポート・アルロンシャン』を中心に作業を行いました。皆様からの御好意でお貸し頂いている貴重な資料を後世に残していくため、以降も迅速に進めてまいりたいと思います。


作成日:2017年10月14日       文責:瀬尾光平

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

国際学術シンポジウムの案内

皆様
 平素よりお世話になっております。日本大学の松重充浩先生より、下記のシンポジウムの案内がありました。お知らせいたします。

――――――――――――――――――――――――

 日本大学学術研究助成金〔総合研究〕「東アジアにおける都市形成プロセスの実態解明とそのデジタル化をめぐる研究」(代表:加藤直人)では、下掲の国際学術シンポジウムを開催いたします。
 皆様のご参加を心からお待ちしております。

日 時:平成29年10月21日(土)10時30分~17時30分
会 場:日本大学文理学部3号館5階3509教室

【当日プログラム】※参加費無料(懇親会を除く)、事前予約不要、質疑応答のみ通訳付き
10:30-10:40 「開会の辞」 加藤直人(日本大学文理学部長・教授)
10:40-10:50 「趣旨説明」 松重充浩(日本大学文理学部・教授)
10:50-12:00 「戦前期の満洲における絵葉書コミュニケーション:ハルビン絵葉書の文面分析を事例として」 毛利康秀(静岡英和学院大学・准教授)
12:00-13:00  《昼 食 休 憩》
13:00-14:10 「近代哈爾濱想像及其異國情調——以中文歷史資料為例」 林志宏(中央研究院近代史研究所副研究員)
14:10-15:20 「写真からみる朝鮮人移民」 朴敬玉(日本学術振興会外国人特別研究員) 
15:20-15:50  《休 憩》
15:50-16:30 コメント: ①中田崇(日本大学文理学部人文科学研究所研究員)
               ②陳登武(国立台湾師範大学・教授)
16:30-17:20 「全体討論」
17:20-17:30 「閉会の辞」 松重充浩(日本大学文理学部・教授)
18:00-19:30 懇親会(※会場は当日ご案内申し上げます/会費:有職者4000円、非有職者2000円)

【問い合わせ先】〒156-8550世田谷区桜上水3-25-40日本大学文理学部史学科松重充浩研究室(matsushige.mitsuhiro@nihon-u.ac.jp)

土屋光弘氏第2回インタビュー

22403888_1471378402976057_700371975_o.jpg

日時:2017 年10月10日(火曜)18:00~21:00
場所:巣鴨
参加者:菅野智博、森巧、湯川真樹江、林志宏

 10月10日、中国残留孤児として戦後中国東北部に残留した土屋光弘さんに第2回目のインタビューを行いました。
 今回は巣鴨にて聞き取りを実施し、1950年代の遼寧省瓦房店市近郊農村での土地改革や集団化についてお話いただきました。すでに半世紀以上前のことであるにもかかわらず、村の党書記の名前や地名、複雑な集団化時期の初級・高級合作社の制度について鮮明に覚えていらっしゃる土屋さんの記憶力にメンバー一同は驚かされました。また今回もインタビューは中国語を中心に行われましたが、満洲国時代のお話になると土屋さんが日本語を話された点も言語と記憶の関係からとても興味深く感じられました。前回に引き続き、今回も快くインタビューを引き受けてくださった土屋さんに改めて深く感謝申し上げます。


作成日:2017年10月11日       文責:森巧

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

土屋氏(公主嶺会事務局長)訪問インタビュー

20171007190942567.png

日時:2017年10月7日(土)12:30〜15:30
場所:土屋さんご自宅(東京都)
参加者:湯川真樹江、大石茜

 公主嶺会事務局長を務める土屋さんを訪問いたしました。土屋さんはお父さまの農事試験場への転勤により渡満し、公主嶺の幼稚園、小学校を卒業後、新京敷島高等女学校在学中に終戦を迎えられました。ご両親の渡満の経緯や、土屋さんの公主嶺での生活、引揚げの体験についてお話を伺いました。また、公主嶺会の方々が執筆・編集された記念誌や、農事試験場関係者による会報、土屋さんのご両親が出版された手記、お母さまが残した日記等を拝見しました。特にお母さまの日記は、終戦から引揚げまでの約二年間の出来事が丹念に記されており、終戦後に留用となった日本人の生活を知る貴重な資料となりそうです。
 公主嶺会は、公主嶺小学校の卒業生を中心とした会で、今月末に都内で同窓会を開催予定です。
 土屋さんは現在も多方面でご活躍されている上、同窓会準備で大変お忙しいところ、お時間をつくっていただきました。改めて感謝申し上げます。


作成日:2017年10月7日       文責:大石茜

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
「満洲の記憶」研究会とは?

「満洲の記憶」研究会

Author:「満洲の記憶」研究会
 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR