FC2ブログ

2020年度秋季大会の開催

 3月24日水曜、「満洲の記憶」研究会では、第11回目となる2020年度秋季大会を、ウェブ会議システム(zoom)にて開催いたしました。
 今回は第1部に大阪大学院文学研究科博士後期課程の山本潤子氏による個別研究報告をしていただき、第2部では研究会が所蔵する満洲引揚げ日記の整理について、当該史料のもつ可能性とからめながら佐藤仁史、菅野智博、湯川真樹江、大石茜、森巧、甲賀 真広で報告しました。
 以下、その詳細な内容となります。

 第1部 研究報告
◆山本 潤子(大阪大学大学院文学研究科博士後期課程)
「認罪」実践としての中国人遺骨送還運動――福島県「中国人殉難烈士慰霊碑」と「満洲国軍」日系軍官大槻市郎の経験を事例として

 第2部 活動報告
◆佐藤 仁史、菅野 智博、湯川 真樹江、大石 茜、森 巧、甲賀 真広
満洲引揚げ日記の整理について――八木聞一日記、安武(山口)ノブ日記、池田雪江日記、渡部通業日記

 各部とも報告後の質疑応答時間において、多くの方々から質問が挙がり、またオンライン上で議論も盛り上がるものとなりました。
 また、今回は初めての試みとしてオンライン上での懇親会も行いました。
 今回、個別研究報告をしていただきました山本潤子氏には深く御礼申し上げます。お忙しいところ参加をいただきました皆様にも、改めて感謝申し上げます。誠にありがとうございました。
 来年度も、引き続きこのような研究活動報告の場を設ける予定です。オンライン形式か会場での開催となるかは、今後の新型コロナウイルスの状況を見ながら、判断することになると思います。また、こちらのページでご案内させていただきます。次の機会にもご参加いただけると幸いに存じます。


2020「満洲の記憶」研究会秋季大会案内
今大会プログラム

作成日:2021年3月27日   大野絢也
 
論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
スポンサーサイト



第6回企画運営委員会の開催

日時:2021年3月24日(水曜)13:00~
開催方法:ウェブ会議システム(zoom)
参加者:飯倉江里衣、今井就稔、尹国花、梅村卓、大野絢也、大石茜、菅野智博、甲賀真広、佐藤量、佐藤仁史、西井麻里奈、朴敬玉、森巧、山崎哲、山本一生、湯川真樹江(敬称略)

 3月24日の今年度春季大会の開催前、企画運営委員会会議を行ないました。
 企画運営委員会としての開催は、第6回目となります。
 今回の定例会議における議題は、以下の通りです。

・前回議事録の確認
・最近の活動報告
・ニューズレター『満洲の記憶』第8号のコンテンツ候補検討
・ニューズレター『満洲の記憶』第8号の段取り
・2021年度の大会について
・日記集刊行について
・助成金申請の検討
・予定確認
・今後の活動展開について

 「満洲の記憶」研究会編集委員会では、論文集、資料集などいくつかのプロジェクトを並行し、作業を進めております。
 また、来年度もニューズレター第8号の発行や各季大会の開催を予定しておりますので、ご期待いただければ幸いです。


作成日:2021年3月26日       文責:大野絢也

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

『満洲の記憶』第7号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00007.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

秦源治氏所蔵絵葉書史料の検討

日時:2021年3月24日(水曜)12:00~
開催方法:ウェブ会議システム(zoom)
参加者:梅村卓、大野絢也、佐藤仁史(敬称略)

 3月24日の今年度春季大会および企画運営委員会会議の開催前、秦源治氏所蔵絵葉書史料検討会を行ないました。
 2021年10月刊行予定の『満洲の記憶』第8号では、秦源治氏所蔵絵葉書史料の目録を掲載することを予定しています。
 今回の検討会では、その作業について詳細な検討を行いました。
 また、目録掲載後の秦源治氏所蔵絵葉書史料の活用方法についても相談しました。
 「満洲の記憶」研究会編集委員会では、論文集、資料集などいくつかのプロジェクトを並行し、作業を進めております。
 また、来年度もニューズレター第8号の発行や論文集書評会の開催を予定しておりますので、ご期待いただければ幸いです。


作成日:2021年3月25日       文責:大野絢也

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

『満洲の記憶』第7号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00007.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

【再々告知】2020年度「満洲の記憶」研究会 秋季大会の案内

2020「満洲の記憶」研究会秋季大会案内
2020年度「満洲の記憶」研究会 秋季大会プログラム

【2020年度「満洲の記憶」研究会 秋季大会の案内】
 この度「満洲の記憶」研究会では、下記の通りに2020年度秋季大会をウェブ会議システム(zoom)にて開催いたします。本大会では、山本潤子氏を迎えて中国人遺骨送還運動について研究報告をしていただきます。また、近年「満洲の記憶」研究会が整理を進めている満洲引揚げ日記について、当該研究会の企画運営委員会から紹介する予定です。ご多忙中とは存じますが、お誘いあわせの上ご参加下さいますようお願い申し上げます。

日 時 :2021年3月24日(水)15:00~17:30
開催方法:ウェブ会議システム(zoom)
定 員:30名
参加方法:参加希望者は、以下のフォーム(お名前、ご所属、メールアドレスなど)でご回答ください。なお、参加者には会議開始前までに(3月22日頃の予定)メールにてzoomの招待状をお送りいたします。
参加申請フォーム:
https://docs.google.com/.../159jQId1l0CbVKS1NXwFY.../edit...
申請締切:3月17日(水) ※但し、定員が上限に達した時点で締め切ります。

プログラム:
第1報告 15:00~16:10 研究報告
山本 潤子(大阪大学大学院文学研究科博士後期課程)
「認罪」実践としての中国人遺骨送還運動――福島県「中国人殉難烈士慰霊碑」と「満洲国軍」日系軍官大槻市郎の経験を事例として
第2報告 16:20~17:30 史料紹介
佐藤 仁史、菅野 智博、湯川 真樹江、大石 茜、森 巧、甲賀 真広
満洲引揚げ日記の整理について(仮)

【お問い合わせ】菅野智博 qiyubin_tomohiro〔a〕yahoo.co.jp
※〔a〕は@に変更


作成日:2021年2月17日       文責:菅野智博

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

『満洲の記憶』第7号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00007.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/

満洲電電関係史料ご寄贈のお礼

 この度、倉持哲雄氏より、多数の満洲関連史資料を宅配便にてご提供いただきました。
 段ボール二箱分にもわたる大量の史資料を寄贈いただきまして、倉持さまには深く感謝申し上げます。
 戦後の満洲電電における恩給請願運動に関する史料も含まれており、大変貴重なものです。
 ご提供くださった資料群は、大切にお預かりさせていただきます。
 研究会としてはまだまだ資料整理など進めなければならない点も多いですが、これからも努力してまいりますので何卒よろしくお願い申し上げます。
 満洲や戦争に関する史料をお持ちの方は、ぜひ「満洲の記憶」研究会までご連絡をいただければ幸いです。


158001543_1947753015391691_3427895357478308750_n.jpg

157703200_172332847892407_3339860642787389949_n.jpg
段ボール二箱分の資料を提供いただきました

作成日:2021年3月3日       文責:大野絢也

論文集の書誌情報:
『戦後日本の満洲記憶』東方書店、2020年4月刊行
佐藤量・菅野智博・湯川真樹江編/ A5 判368 頁/本体5,000 円+税978-4-497-22004-2


ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095

『満洲の記憶』第7号のダウンロード:https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/ir/manshu/manshu00007.pdf

Facebook公開ページ
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
「満洲の記憶」研究会とは?

「満洲の記憶」研究会

Author:「満洲の記憶」研究会
 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR