FC2ブログ

「引揚70周年記念の集い」

日時:2016年10月20日
参加者:大野絢也、菅野智博、森巧、尹国花
場所:銀座ブロッサム中央会館
14797307_1215177055208404_148872449_n.jpg

 10月20日、国際善隣協会主催「引揚70周年記念の集い―― 満洲、樺太、朝鮮、台湾 いま振り返る『引揚げ』の検証」が銀座ブロッサム中央会館にて開催され、「満洲の記憶」研究会のメンバーも参加してまいりました。
 集いの最初ではまず亡くなられた方々に慰霊・黙祷を捧げました。国文学研究資料館の加藤聖文准教授による基調講演がありました。加藤先生は戦後の国際情勢のなかで引揚げがいかに実現された、その背景についてお話しました。続いて、善隣協会会員でテノール歌手の藤沼哲朗氏とピアノ演奏者石橋美恵子氏による歌と演奏がありました。
 その後のシンポジウムでは、コーディネーターとして藤原作弥氏(元日本銀行副総裁・引揚げ体験者)、パネリストとして松重充浩氏(日本大学文理学部教授)、井上卓弥氏(毎日新聞編集委員、ドキュメンタリー『満洲難民』の著者)、渡邊三男氏(全国樺太連盟会員・樺太生まれ・引揚体験者)、河原功氏(台湾協会理事・『台湾引揚・留用の記録』の編者)が登壇し、各地域に則して引揚げの実態と引揚げの歴史を後世に伝え続ける意義などについて話していただきました。特に松重先生の講演では「満洲の記憶」研究会の活動についてもふれられており、その今日的意義について高く評価していただきました。今後の研究会活動にとって大いなる励みにもなりました。
 最後になりましたが、大変有意義なシンポジウムを開催し、さらに当研究会のメンバーをご招待くださいました関係者の皆さんにこの場をお借りして改めてお礼を申し上げます。


14794239_1215177058541737_1664199768_n.jpg

作成日:2016年10月21日  文責:尹国花

ニューズレター『満洲の記憶』ダウロード先:
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/27095
(Facebook公開ページ)
https://www.facebook.com/groups/359559330877470/
スポンサーサイト
「満洲の記憶」研究会とは?

「満洲の記憶」研究会

Author:「満洲の記憶」研究会
 「満洲の記憶」研究会は2013年7月30日に大学院生を中心に立ち上げた研究会です。
 私たちは主に、満洲に関係する様々な「記憶」を収集し、より広い視点から満洲の歴史をとらえることを目標とし、結成しました。日本国内にいる満洲体験者へのインタビューや体験記・回想録、帰国邦人団体会報の収集などを中心に行い、定期的に勉強会・報告会を開催する予定です。そして、様々なかたちで満洲の「記憶」をより多くの方々と共有し、皆様と共にその歴史について考えていく研究会にしていければと思います。
 このブログでは、研究会の日頃の活動内容や研究会情報などを紹介していきたいと思います。今後より多くの方々にご覧いただければ幸いです。皆様の貴重な情報とご意見をお待ちしています。
 なお、研究会で収集した史料に関する情報はニューズレターにて配信します。史料の複写等の依頼には応えかねます。この点に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR